投稿日:

ネットカジノは違法と言い切れない理由と日本での現状

ネットカジノは、カジノという名称から違法性を指摘されるケースも少なくありません。
実際にカジノカフェの摘発などでネットカジノを利用していたという報道から、よりそう感じる方もいるでしょう。
今回は、ネットカジノは、報道の印象の通り違法なのかというテーマで解説し、違法とは言い切れない理由や日本での現状を紹介します。
これを読めばきっと、ネットカジノの実際のところがわかるのではないでしょうか。

報道の内容をよく知れば違法でないことがわかる

報道の内容をよく知れば違法でないことがわかる
カジノカフェの摘発報道を見て、ネットカジノを利用していることで、ネットカジノも違法と思われる方も少なくありません。
しかし、ネットカジノはあくまで違法とばくの道具になってしまっただけであって、違法とばくそのものではないのが結論です。

摘発されたカジノカフェのケースでは、店内でネットカジノを利用して、現金のやり取りを店内で行ったことが原因です。
日本では賭博開帳罪といわれる罪がありますが、これにカジノカフェが該当した可能性があります。

この罪は、宝くじやスポーツくじ(totoなど)、公共ギャンブルなど、指定された手段以外のギャンブルを行うことです。
この罪に該当した理由は、ネットカジノをプレイしていたからではなく、店内で金銭のやり取りをしたギャンブルを行ったことです。

摘発されたカジノカフェでは、店内のパソコンでネットカジノができる環境が用意されていました。
そして、店内で現金を支払うとネットカジノに入金が行われプレイできる仕組みになっていたそうです。
さらにネットカジノで勝って出金できる状態になったら、店内で払い戻しを行っていたというカジノカフェでした。

これは、店内に実際のカジノの道具が用意されて、その道具で違法カジノを開いていたのと同じと解釈できます。
つまり、実際のカジノの道具の代わりにネットカジノを使ったというだけなのです。

実際のカジノの道具自体は購入して利用する分には問題ありません。
それと同じで、ネットカジノを利用してネット上で完結する分には実際のカジノの道具と同じで問題ないのです。

摘発されたカジノカフェは、実際の店舗で金銭のやり取りをしたことが問題で、違法ということです。
決してネットカジノをプレイして摘発されたというわけではないという点に注目する必要があります。

結論を言えばネットカジノは違法と言い切れない

結論を言えばネットカジノは違法と言い切れない
ネットカジノは、違法と言い切れません。
金銭のやり取りを実際の店舗で行っている以外は同じなのになぜでしょうか。
それは、金銭のやり取りやギャンブルを海外のカジノで行っているという解釈がされるからです。

ネットカジノは一般的なものであれば、すべてが日本以外のカジノが合法な国や地域で運営されています。
ネットカジノは海外旅行と同じで、そういった国や地域へ行ってカジノで遊ぶことと同じと解釈されます。
海外旅行の旅行先で合法のカジノを遊んでも日本で罪に問われないのと同じことがネットカジノのプレイでも言えるのです。

さらにネットカジノの多くは、運営会社がある国で、ギャンブルを公認する免許(ライセンス)を取得しています。
先ほどの例でいえば、海外旅行先で合法のカジノをプレイし、そのカジノハウス自身も現地の公認を得ているのと同じ意味です。

こういった解釈であれば、ネットカジノをプレイすること自体違法とは言い切れないのではないでしょうか。
ただ、このネットカジノを日本国内の実際の店舗で、しかも実際のお金で入出金を行ってしまうと違法です。
こういった解釈をすることで、日本からネットを利用して海外のネットカジノをプレイすることは違法と言い切れません。

また、日本語を表示したり、日本人スタッフがいるから違法ではと思われがちです。
しかし、こちらも現地の日本人スタッフが公認のカジノを案内し、海外旅行者向けに日本語の案内がされていると解釈できます。

大手ネットカジノもコマーシャルをする時代

大手ネットカジノもコマーシャルをする時代
おすすめしたいカジノにベラジョンカジノがあります。
日本語対応が充実していることや日本のメディアにも登場し始めていることから一般に浸透し、利用しやすくなっているのがその理由です。

実際、このネットカジノは、日本ですでにメディアのコマーシャルが堂々と行われています。
テレビコマーシャルはまだですが、大手のラジオ局でラジオコマーシャルが打たれているのです。
ただ、いきなりベラジョンカジノの有料版、つまり入金が必要なネットカジノを推奨しているわけではありません。

そのラジオコマーシャルでは、無料で楽しめるという内容で、人気の元プロ野球選手などを起用しています。
あくまで無料であれば、多くのスマートフォンゲームと同じく違法性がなく、グレーゾーンとしての指摘を受けることもありません。

このように日本では、ラジオに代表されるように実際のメディアを通じてネットカジノが徐々に浸透しているのが現状です。
そのため、メジャーな娯楽の1つとして数えられるようになる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です