ネッテラー

ネッテラーは、従来までオンラインカジノでは当然使えるサービスの1つになっていて、入出金をしっかり行うために重要なものでした。ところが日本国のユーザーに対して、オンラインカジノの入出金のために利用することができないと通知されて、2016年の9月半ばから使えなくなりました。その要因は、信頼度を確保したいネッテラー側の思いもあるのです。

ネッテラーは信頼されることを狙いたい

信用第一を目指したネッテラー

日本のユーザーが、多くオンラインカジノで利用されていたことは理解しており、実際にかなりの利用頻度を持っていたサービスでもあります。しかしネッテラーとしては、信頼されるサイト、サービスを目指したいと思っていたこともあり、オンラインカジノの利用をあまりいいものに思っていなかったのです。そして色々な考慮をした結果、最終的にはネッテラーは制限を加えるようにして、日本国のユーザーにはギャンブルを前提とした入出金が不可能になりました。
他の国の場合は、通常通りに利用できる状況を作っています。これはカジノなどのギャンブルで制限が加えられていないなどの部分があり、問題ないと判断されている面があります。日本はそうしたところに厳しい制限があるため、場合によってはネッテラーに捜査が入った可能性もあります。これなら制限される要因は生まれるようになります。
結果的に、2016年にネッテラーはオンラインカジノで使えないサービスに変わってしまいました。使いたいと思っていたユーザーにとっては、非常にがっかりするような結果となってしまい、現在でもその影響はかなり強く残っているのです。

代理サービスの利用が模索されている

代替手段探しが活発

現在はエコペイズやアイウォレットが採用されていますが、代理サービスの利用を模索する動きはかなり大きくなっています。使わないと入出金がかなり難しくなり、特に出す時の時間が大きくかかってしまい、最悪の場合は出してくれない状況もあります。絶対に出すことができるサービスを作り出すことが大事と判断して、代理サービスを使うことは絶対に重要になっています。
最近は、オンラインカジノ側も契約するサービスを変更して、ネッテラーは使えないようにしています。代理サービスに変えたことによって、日本人がオンラインカジノを使えるように、そして入出金のトラブルを減らすことができています。日本だけでなく、運営しているオンラインカジノにとっても、地味にネッテラーの撤退は痛いものです。